アメリカ車の魅力

アメリカ車の魅力をお伝えします!

アメリカの映画などでは、軽自動車はおろかコンパクトカーすらあまり見かけることはありません。

 

最近ではワイルドスピードシリーズなどで日本のコンパクトカーが改造されて映画に出演してたりもしていましたが、アメリカの車メーカー自体ではコンパクトカーと言う概念があまり見受けられないのが現状です。

 

アメリカにおける軽自動車は日本と違って規格が違いますし、日本向けには今までのように大きな車ばかりを輸出しているので軽自動車を作ろうという考えを基本的に持っていないのです。

 

コンパクトカーが少ないのはそれもありますが、それよりもアメリカ人を始めとした白人系の人々は体が大きく、コンパクトカーでは窮屈であると言うことが大きなネックとなっているほか、アメリカの道路事情においては道幅が広くて距離も長いので、絶対的なパワー不足に不安を抱いている人も少なくないからです。

 

そうしたいくつかの観点から日本とは大きく違い、アメリカではコンパクトカーがあまり歓迎されていないこと、エンジンなどの大きさなどの常識から、パワーの大きな自国のアメリカ車に意識が向きがちになり、結果アメリカの車社会ではコンパクトカーが少ないと言ったことになるのです。

ページ上部に