アメリカ車の魅力

アメリカ車の魅力をお伝えします!

アメリカの車のエンジンと言う物は、私たちが普段身近に感じている日本車と比べてみるとサイズが根本的に違うと言うのがわかります。

人間の身体もそうですが、車のサイズに関してもアメリカのほうが大きいと言う印象を受けますし、それにともなってエンジンルームも広くなるので大きなエンジンを積み込めると言うことになります。

そもそも、日本人とアメリカ人の間には車を作ることに対しての認識に大きな違いがありまして、日本は国土が狭いために必然的に道路も狭くなり、その分交通渋滞や事故などが車が密集するために起きやすくなります。

これを回避するためにコンパクトな車作りが求められますが、アメリカはフリーウェイなどを始め道幅が広く、長い距離を走るのも当たり前なので大きなボディを引っ張るエンジンが必要になります。

そして「車体が大きければ、エンジンも大きくすれば良い」と言う考えもアメリカ人の中にあるために、排気量が大きくガソリンの消費も大きくなると言うエンジンを造ることにつながっていくのです。

このようにアメリカ車は日本車と比べてボディサイズだけではなく、エンジンのサイズも違うので日本においては税金が高い外車としてはトップクラスの位置づけにあるのです。

ページ上部に