アメリカ車の魅力

アメリカ車の魅力をお伝えします!

a1180_002489

 

日本車と言えば、日本の道幅が狭いことを考慮した上で考えられているデザインとして共通しているのがコンパクトである、と言うことが大半です。

 

小さな島国に約1億人がすんでおり、そのうちの大半の人が車をもち、狭い面積の中で車を走らせるとなると余計な渋滞などの交通マヒを避ける為に、道路に限らず車自体もコンパクトにすると言うのが鉄則ですが、それでも交通マヒを避けることが出来ないのも問題になっています。

 

それはさておき、それとまったく正反対と言っても良いのがアメリカの車であり、アメリカの車は総じて大きいのが特徴です。

 

ボディサイズが大きく、エンジンの大きさも大きな排気量が目立ち、中にはトラックのエンジンをそのまま積んでしまった車もあるくらいにサイズの大きさが目立ちます。

 

アメリカの考え方は「ボディを今のエンジンパワーで引っ張れないのであれば、ボディを小さくするのではなくエンジンを大きくしよう」と言う考えが根付いているために、4リッター、5リッター、果ては10リッターと言った排気量の車のエンジンを見かけることが出来ます。

 

それに足回りは、移動距離が長いことがアメリカの交通事情では多いため、乗り心地を優先して柔らかめの足回りになっているのもアメリカ車の特徴です。

ページ上部に